はじめに


このサイトでは

  • 旦那を2ヶ月で5キロ痩せさせることに成功した健康食品
  • ラーメン好きの旦那におすすめの大豆麺
  • 中性脂肪を劇的に下げた食品(300下げた人2人、500下げた人1人)
  • 20キロのダイエットに成功した管理人のサイト


を紹介していきます。


  

この記事の目次


肥満で怖いのは脳梗塞・心筋梗塞




1ヶ月で16キロ痩せた人の話を元にした1ヶ月で10キロのダイエットの計画


↑↑クリックすると大きくなります。↑↑


1ヶ月で16キロ痩せた人がいたので、その人のダイエット方法を元に管理人が考えた1ヶ月10キロ減のダイエット計画の記事を作成しました。

記事 → 1ヶ月で10キロ以上のダイエットに成功した男性の方法


  

中々痩せる気にならない旦那






健康のために痩せて欲しい旦那、見た目(美容)のために痩せて欲しい旦那


旦那を痩せさせる目的は、人それぞれだと思いますが、健康や美容のため旦那に痩せて欲しい、と思うかもしれません。



しかし、旦那も仕事でストレスを抱えて朝から晩まで働いて、お金を使うのはほとんどが、生活費とはいえ妻、子供、で自分のこづかいは○○円・・ではストレスもたまり、「楽しみは食べることだけ」となっても仕方がない、・・というものです。



自分はそんなストレスから(170cmちょっとで)85キロまで太ってしまいましたが、今は65キロから67キロの間をうろうろしています。(追記:さらに63キロまで落ちました)



これらの経験から無理をさせるのは禁物なので、できるだけ旦那にストレスをかけずに健康体になる方法を紹介していきます。(「北風と太陽」でいう太陽の方法です。)



自分のダイエット方法については、このページの下にある「20kg減らした30代男のダイエット方法」をご覧ください。



ここでは、こっそり痩せさせる方法について書いていきます。



<便秘で困っている人に ~モリモリスリム~>
一杯のお茶で朝のお通じがドドーン!!・・・らしいです。^^;)


よくある話の商品ですが、


ので紹介しました。

メール便なら送料も無料だそうです。


↑↑5日間お試しのページ<公式サイト>↑↑



↑↑こちらは製品版です<公式サイト>↑↑


  

太る原因の大きな一因に糖質がある



旦那が太っている大きな原因の一つに糖質の摂取過多、という問題があるかもしれません。



以下、なぜ糖質が太るのか?ということを書いていきます。


  • 体についている(中性)脂肪は炭水化物(糖質)が原因
  • 糖質の(割合の)多い食べ物
  • 糖質を減らし、たんぱく質を増やす




体についている(中性)脂肪は炭水化物(糖質)が原因


肥満の原因である


  • 皮下脂肪
  • 内臓脂肪



は中性脂肪です。



中性脂肪が、体表につけば皮下脂肪、内臓につけば内臓脂肪と呼ばれるだけです。



では、この中性脂肪になるのは何か?というと、


  • 糖質
  • たんぱく質
  • 脂質



となります。



糖質


糖質は体や脳の活動エネルギーとして使われるのですが、エネルギーとして使われないものは、中性脂肪という貯蓄できる形にして蓄えられます。



しかも活動エネルギーとして使われる量は(現代の日本の食料事情を考えると)それほど多くはありません。



ですから摂取したものの多くは、中性脂肪として蓄えられたりするのです。





たんぱく質


たんぱく質は、筋肉、臓器、爪、髪、軟骨、その他といったいろいろな体の材料として使われるので、物理的?化学的?には中性脂肪にはなるのですが、糖質ほど中性脂肪にはならないそうです。



人によっては、「たんぱく質は、ほとんど中性脂肪にならない」という人もいます。





脂質


脂質(肉の脂身など)も確かに中性脂肪になりますが、管理人の経験から言わせてもらいますと、糖質ほど大きな影響は感じません。



毎日、カルビや豚バラを食べるような異常な食生活はまずいですが、まずは糖質の節制で様子を見て、それでも標準体重より多いのであれば、そのとき、こちら(脂質)を減らすことを考えればよいかと思います。





糖質の(割合の)多い食べ物


太る原因となる糖質の割合の多い食べ物は


ご飯、パン、めん類、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類、にんじん、小麦粉を使った食べ物(お好み焼き、たこ焼きなど)、和菓子、スポンジケーキ、砂糖をたっぷり使ったスイーツ、( 野菜ジュース)、ジュース類、清涼飲料水


などがあります。(野菜ジュースはモノにもよります。)



ですから、コロッケを食べるよりメンチカツを食べた方が良い、ということです。





糖質の量を減らし、その分、たんぱく質を多くとる


以上のように、体調を落とさない程度に糖質を減らし、その分、たんぱく質を多くとれば、痩せていくでしょう。



あまり多くを減らすと、旦那にストレスがたまりますので、短期間に急激に減らす、というのは禁物です。



1年で10キロから15キロ落とす、ぐらいが良いでしょう。





  
  

肥満で怖い大病のリスク7つ



肥満で怖い大病はいろいろあるのですが、突発的に来る脳梗塞・心筋梗塞をメインに「旦那が大病を患った場合、どんな大変な将来が待っているのか?」ということについて書いていきます。


脳梗塞・心筋梗塞



脳梗塞・心筋梗塞は以下のようなプロセスを経てからなるため、時間がかかりますが、その進行は外からはわかりません。


体についた脂肪(特に内蔵脂肪)は血液中の脂質代謝を狂わせる

中性脂肪の増加
悪玉コレステロールの増加
善玉コレステロールは減少

動脈硬化

脳梗塞・心筋梗塞



となります。 以下、こうなった時の怖いリスク7つです。






まずは、脳梗塞、心筋梗塞を発症したら、亡くなる可能性があります。





半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)


なんとか死を免れたとしても半身麻痺・寝たきり・車椅子(生活)といった不便な生活を強いられることがあります。


半身麻痺・寝たきり・車椅子の図



車椅子なんかは、ちょっと段差があるだけでも転倒の恐怖がつきまといます。


車椅子の不便さ





引用元:街の中のユニバーサルデザイン 車いすとスロープ : Fujitsu Japan
http://www.fujitsu.com/jp/about/businesspolicy/tech/design/kids/ud/station-h1.html




当然、階段は登れません。(降りることもできません。)それどころか、ちょっとの段差も一苦労です。(転倒の恐怖がつきまといます。)



一人で外出もできませんし、家の中でも(一人で)2階に上がったりすることはできません。



車椅子を押す人も結構な重労働を強いられるかもしれません。





まわりの家族の介護疲れ





脳梗塞・心筋梗塞を起こして、重い障害を持つと、まわりの家族が介護の苦労を強いられることになります。



あまりのきつさで介護疲れ、なんてことも起こりかねません。





経済的破綻


巨額の費用請求 ・ お金に困る2人 ・ 借金に苦しむ人の図


医療費や障害を持つことによる経済的負担も馬鹿になりません。車椅子なんかも結構な費用がかかります。



余裕をもって貯蓄していたはずなのに、いつのまにか財産がほとんどなくなっていた、なんてこともないわけではないのです。





もらえる年金は半分以下!?


旦那さんの健康とお金を天秤にかけるような言い方で嫌なのですが、切実な経済問題につながる場合もあるので、一応、書いておきます。



もしも旦那さんが早くに亡くなられた場合、


  • 国民年金は遺族年金としてもうらことになるけど、(旦那さんが生きている時にもらえる額の)半分以下
  • 厚生年金(会社で積み立てた年金)は0(もらえない)



ということが起こりえます。



これは会社にもよるので必ずこうなるとは言えないのですが、よくよく調べてみれば、もらえる額はこんなに減るものだった!!なんてこともあるわけです。



これも一つのリスクと言って良いでしょう。








以上、かなり悲観的かなり大げさに書いてきましたが、ポイントとなる大きな分岐点は脳梗塞・心筋梗塞を発症させてしまうかどうか?ということになります。



さすがにそうなる前に痩せてもらいましょう。^^;)




  
  

旦那を2ヶ月でこっそり5キロ痩せさせたこんにゃく米





  • 糖質(ごはん、パン)は太る大きな原因
  • こんにゃく米で旦那にばれずに5kg痩せさせる
  • その他のおかずはどうする?



糖質(ごはん、パン)は太る大きな原因


上で説明しましたが、糖質(ごはん、パン)が一番太っている原因になっている可能性があります。



旦那の太る原因の一つが、ご飯をたくさん食べる、というものであるのなら、こんにゃく米をご飯にこっそり混ぜる、というのが一つの方法になりますす。





こんにゃく米で旦那にばれずに5kg痩せさせる



こんにゃく米



こんにゃく米は入れる割合にもよるのですが、糖質を数十%OFFにすることができ、人によっては「こんにゃく米」が入っていると気づかないほど、味や食感が変わらなかったりします。(↓)


こんにゃく米で旦那に内緒で5kg減の引用文


実際に夫で行った実験です。
白ご飯に、こんにゃく米を混ぜて2か月で5kg落とさせました。
本人から「最近痩せてきた。悪い病気かもしれない」って相談を受けました(爆笑)

引用元:旦那を痩せさせたい!ちっとも努力しないヤツを痩せさせる方法を教えて!
http://www.karacure.com/pub/d80311b87e5c89988230162ff456bc8d



気づかれる恐れを感じる場合は、こんにゃく米を入れる割合を減らしましょう。



少しずつこんにゃく米の量を増やしていけば、旦那にばれる可能性は減っていきます。






その他のおかずはどうする?


こんにゃく米を気づかすに食べさせることがうまくいったら、その他のおかずは旦那がある程度満足するものを出すほうが良いでしょう。



詳しいやり方についての管理人の具体策については、「怖いのは血液の汚れ(ドロドロ)」のところで紹介します。



自宅でできるオンラインダイエットプログラム
(月額2500円のものもあり)


全国に約200店舗あるホットヨガスタジオLAVAやソニーの孫会社の事業「so-net」がプロデュースした自宅でできるオンラインダイエットというものがあります。


まずはカウンセリングシートにあなたのパーソナルデータを入れると、各企業がそれを元にした最善の無理のないダイエットプログラムを組んでくれます。


そして、やるべきことはそのダイエットプログラムのトレーナーからメールや動画で送られてくるので、あなたはそれをこなすだけです。 内容も無理のないものに設定されています。



また同じ悩みを持つ仲間(入会者)のSNSにハンドルネーム(ニックネーム)で参加できる所もあるので、「自分だけが辛いんじゃないんだ!」とか「あ~順調に成功した人にもやっぱり停滞期ってあるのか~」といった励みや仲間との共有感も得られたりします。


5つの個性的なオンラインダイエットプログラムの料金一覧表を作り、内容を比較してみました。

→  おすすめダイエットアプリ(オンラインダイエット)※5つの料金内容比較一覧表


so-netのオンラインプログラム(月額2500円)についてはこちらもご覧下さい。
→  30代で20キロ痩せた男が語るソネトレで効果を得る5つの方法
→  ソネトレ口コミ十数件ほどをまとめわかりやすく22個に分類



  
  

麺好きの旦那なら糖質を90%近くOFFにできる大豆麺「ソイドル」





もう一つ、おすすめなのがこの大豆でできた麺「ソイドル」です。



こんにゃく米と同じようなもので、たんぱく質が主成分で、糖質を大幅にカットした「ソイドル」という麺があります。



ソイ(=大豆)とヌードル(麺)のドルをとって、「ソイドル」だと思います。






糖質が90%以上オフなので、これを普通の麺と置き換えるだけで、糖質を抜いたダイエットとなります。






今は、袋ラーメンのスープ(の素)だけを売っていたりしますので、インスタントラーメンのようにソイドルをゆでてスープの素を入れれば、簡単に糖質大幅OFFラーメンが作れます。



肉、野菜を追加して、ソイドル2袋にしても、糖質大幅オフになるのではないかと思います。



(すいません。サイト管理人はすでにダイエットの必要のない体重になったので、ソイドルは試したことはありません。m(_ _)m)



野菜も水を沸騰させる前から入れておけば、麺をゆでたときに、ちょうど良い煮加減になります。^^






ソイドルは、14食セットか28食セットで売られていますが、お試し7食初回限定で売られています。



初めて購入する人で、「旦那がこれを好むのか?」がわからないという場合は、こちらを先に購入されると良いかと思います。




ソイドル



  

旦那が満足するものがこってりした食べ物の場合の対応策



ご飯にこんにゃく米を入れることに成功したとしても、おかずがこってりしたものばかりだと、やはり心配になるものです。



苦肉の策かもしれませんが、この後の「怖いのは血液の汚れ(ドロドロ)」とあわせてやると効果が出るだろう、というものを紹介します。


  • 食事の中盤から終盤、噛む回数をいつもの5%増しにする
  • 20キロ太ってから痩せた管理人の見解



食事の中盤から終盤、噛む回数をいつもの5%増しにする


この提案をするときは、食後で実行してもらうのは、次の回の食事からにします。



旦那がある程度、ダイエットに気が向いているとき、がいいのですが「やることは食事の中盤から終盤にかけて噛む回数をいつもの5%増やすだけ。」と切り出してみましょう。



ポイントは旦那が「まあ、それくらいならやるか・・」と思わせる努力を提案することです。



もしも健康食品を飲んでもらうつもりなら、それも食後に飲んでもらうことも提案してみましょう。



おすすめの健康食品が一つあるので、それを次の「怖いのは血液の汚れ」のところで紹介します。





20キロ太ってから痩せた管理人の見解


自分は、20キロ太って、20キロ痩せて、今はその体重を維持できています。



そんな自分の経験を一方的に書くと、こってりした食べ物は週に4回ぐらい出しても良い、ということです。



それぐらい食べないとストレスがかかります。量もそれほど減らさなくても良いです。減らすときは、今までの5~8%が目安です。



そのかわり食事の中盤から終盤にかけては、良く噛んで食べる協力を旦那から取り付けましょう。



ダイエットの話をすると機嫌がわるくなる旦那もいますから、量は減らさなくていいし、食事の序盤はいままでのペースで食べていいから、中盤から終盤にかけて、今までの噛む回数を5%増しするように頼んでみましょう。



数値の多い少ないに関わらず、一呼吸置いて、食事中に噛むことに意識を向けることが目的です。



それだけでも違ってきます。習慣が変化すれば、効果は絶大です





  

怖いのは血液の汚れ(ドロドロ)



旦那を痩せさせるのに、そんなに甘くていいの?と思われるかもしれませんから、早急にやっておきたい対策だけ紹介します。



それは血液がドロドロに汚れている状態から、できるだけサラサラの状態にすることです。



上ページでも紹介しましたが


非常に怖いのは(糖尿病、)脳梗塞、心筋梗塞


であり、その危険度の指標の一つとなるのが、血液のドロドロ具合を示す(血液中の)中性脂肪(値)となります。



中性脂肪を300減らした人(2人)と500減らした人の話


ではその「血液中の中性脂肪はどうやって減らせばいいのか?」ということについて、「中性脂肪の数値を300以上減らした3人」の体験談の結論から書きますと


  • 300減らした人→量が多めの青魚の缶詰を2日に1回食べる
  • (別の)300減らした人→サンマ弁当を週3回食べる
  • 500減らした人→イマークSを(おそらく)毎日飲んだ



となっております。



イマークSというのは、血液をサラサラにする成分DHA・EPAを860mgと、健康食品の中ではダントツに多い量を含んだ健康飲料です。

参考リンク→DHA・EPAのサプリメント(9社)比較・一覧



サンマ弁当の人は、上記の方法で3ヶ月で中性脂肪を400台から80台(正常値:50~149mg/dl)に戻しています。



缶詰の人は1年とありましたが、健康診断の周期が1年ごとだったようなので、減ったのはもっと早かったかもしれません。



ちなみに500減らした人は元々が1500あった人なので、そのあたりは差し引いて参考にする必要があります。^^;)



  


イマークS



↓↓イマークS↓↓
販売サイトの画像です。



イマークSの分量、値段


イマークSは1本100mlなので、のどが渇いていれば一息で飲めます。コンビニなんかでよく見る「ウ○ンの力」なんかと同じ分量です。



値段については、一番安くなるところが、初回限定のお試しセットと定期購入:20本のセットで変わってきます。


お試しセット


初めての方で、1家族で1回の限定商品です。値段は


10本で1000円+消費税 (1本あたり税別で100円+消費税)


です。



20本の定期購入


こちらの値段は公式サイトが一番安く


20本:5000円+消費税(1本税別で250円)


となります。



Amazonや楽天は6000円+消費税で、毎回、1000円+(1000円の消費税)分、高くなりますので、公式サイトの方がお得です。



また、解約も1回(20本分)購入しただけでできますし、飲みきれていないイマークSがたまってきたので、少し休止したい、ということもできますので、便利です。


↓↓イマークS公式サイトのQ&A↓↓
購入1回で解約OKの回答の画像


引用元:https://www.nissui-kenko.com/first/embarrasses02.html#q07


↓↓途中で休止OKの回答の画像↓↓


引用元:https://www.nissui-kenko.com/first/embarrasses02.html#q06








ちょっとお高い(定期購入で1本250円)ですが、肉料理の日にはイマークSなどでDHA・EPAをしっかり補給しておくと良いかもしれません。



ちなみに厚生労働省は1日に1000mgのDHA・EPAの摂取を推奨しています。





  

旦那をこっそり痩せさせる方法のまとめ



以下、旦那をこっそり痩せさせる方法のまとめです。


  • ご飯にこっそりこんにゃく米を入れる
  • 量が多めの魚を週に3回食べてもらう
  • 週4回は肉料理でも良し。食後にイマークSを飲んでもらう
  • 食事は中盤から終盤にかけて噛む回数を5%ほど増やす



中性脂肪が正常値なら、イマークSは飲まなくても良いかもしれません。また上がってきたら、飲み始めると良いでしょう。



以上のように肥満は長期的になおし、血液の汚れは短期的に効果が上がる方法で対策を打って、最悪の事態は回避できるようにしておく、という二段構えの対策です。^^



いろいろ家庭の事情等あるかと思いますから、全てがいっぺんにできるわけではないかと思いますが、取り入れられるものから始めてみてはいかがでしょうか?^^






以上、旦那をこっそり痩せさせることに成功した健康食品と糖質オフ麺とDHA・EPAの豊富なドリンクの話でした。




  

20kgのダイエットに成功した話



30代のときに体重を20kg減らしたときの方法を書いています。(170cm強85kg→65kg)


ダイエット手記~30代で20キロ痩せた方法~





▲肥満で怖い大病のリスク7つ▲

▲こんにゃく米▲   ▲ソイドル▲   ▲イマークS▲
↑↑クリックすると上ページのそれぞれの場所に戻ります。↑↑